スチャダラパー

Bose、ANI、SHINCOの3人からなるラップグループ。
1990年にデビューし、1994年「今夜はブギー・バック」が話題となる。
以来ヒップホップ最前線で、フレッシュな名曲を日夜作りつづけている。
2010年にはデビュー20周年を迎え、2月24日にベストアルバム「THE BEST OF スチャダラパー1990〜2010」をリリース。
さらに、20周年記念イベントを東京、大阪で開催した。
2011年7月には日比谷野外大音楽堂で「スチャダラ2011『オール電化フェア』」 を開催、9月には大阪城音楽堂で「スチャダラ 2011-それぞれの秋-」を開催した。
2012年には、5月26日に日比谷野外大音楽堂で『スチャダラ全力投球!』を開催。
同年 10月13日には、新木場 STUDIO COAST『スチャダラパーの新木場ジャンボリー』を開催。
2013年6月16日に、約4年ぶりとなるワンマンライブ『23』を敢行。
同年 12月13日、15日は、東京リキッドルーム、大阪ユニバースでのワンマン公演も敢行。
さらに同年12月19日よりオンエアされた、ニンテンドー 3DS「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」のCM音楽を担当した。
またイベントに合わせて本人達が編集し作成している冊子「余談」もすでに5号まで発刊し、 常に話題となっている。
今後も様々な活動展開を予定している。

http://www.schadaraparr.net/


『出演』
■TBS 系列ドラマ「木更津キャッツアイ」(2002 年)第 6 回ゲスト出演
『楽曲提供』
■テレビ東京「週刊真木よう子」エンディングテーマ/ライツカメラアクション(2008 年)
■NHK『メジャー』※第 5 シリーズ主題歌/ Hey! Hey! Alright(2009 年)


『出演』
■パルコ「P’ PARCO」(1994 年)
■グリコ「アーモンドクラッシュボール」(1995 年)
■UNIQLO「PARKA STYLE 1000」(2008 年)
■サントリー「Boss Silky Black」(2008 年)
『楽曲提供』
■任天堂「スーパーファミコン/ゼルダの伝説~神々のトライフォース~」(1991 年)※ゲームボーイズ
■グリコ「アーモンドクラッシュボール」(1995 年)※クライングドュービーマン
■東京メトロ「副都心線開業告知編」(2008 年)※Good Old Future
■NISSAN「JUKE」(2011 年)※Get Up And Dance
■NINTENDO 3DS「ゼルダの伝説~神々のトライフォース 2~」※ゲームボーイズリメイク

<映画>
『出演』
■竹中直人監督作品「サヨナラ COLOR」(2005 年)
■大根仁監督作品「モテキ」(2012 年)


■TOKYO FM「SCHA-NOVA~スチャノヴァ~」(2007 年~2009 年)※スチャダラパーとして出演

<舞台>
■【作・演出】大宮エリー「singer5『「今夜はオーディション」スチャダラパー × 斉木しげる × 板尾創路 』 ※新宿紀伊国屋ホール

<書籍>
■角川書店「スチャダラゼミ」(1997 年)
■白水社「スチャダラ2010」(1997 年)
■近代映画社「スチャダララウンジ」(1998 年)
■ソニーマガジンズ「YO! クロニクルダンディ」(2001 年)
■エフエム東京「ヤングトラウマ~ひろ子・ドカベン・バムバータ~」(2009 年)
■スチャダラパー責任編集雑誌「余談」 (2010 年)
■スチャダラパー責任編集雑誌「余談 LEVEL7」 (2011 年)
■スチャダラパー責任編集雑誌「余談サード長嶋」(2012 年)
■スチャダラパー責任編集雑誌「余談 エピソード 4 新たなる希望」(2012 年)
■スチャダラパー責任編集雑誌「2+3」(2013 年)

SDP_up_2016