twitter

ARTIST MANAGEMENT

スチャダラパー

ANI、Bose、SHINCOの3人からなるラップグループ。
1990年にデビューし、1994年『今夜はブギー・バック』が話題となる。
以来ヒップホップ最前線で、フレッシュな名曲を日夜作りつづけている。
毎年、東京・日比谷野外大音楽堂での主催イベントも開催。

ANI、Bose、SHINCOの3人からなるラップグループ。
1990年にデビューし、1994年『今夜はブギー・バック』が話題となる。
以来ヒップホップ最前線で、フレッシュな名曲を日夜作りつづけている。
毎年、東京・日比谷野外大音楽堂での主催イベントも開催。

サイプレス上野とロベルト吉野

マイクロフォン担当 : サイプレス上野、ターンテーブル担当 : ロベルト吉野。

通称『サ上とロ吉』。2000年にあらゆる意味で横浜のハズレ地区である『横浜ドリームランド』出身の先輩と後輩で結成。

“HIP HOPミーツallグッド何か”を座右の銘に掲げ、“決してHIPHOPを薄めないエンターテイメント”と称されるライブパフォーマンスを武器に毎年多くのライブを行っている。

マイクロフォン担当 : サイプレス上野、ターンテーブル担当 : ロベルト吉野。

通称『サ上とロ吉』。2000年にあらゆる意味で横浜のハズレ地区である『横浜ドリームランド』出身の先輩と後輩で結成。

“HIP HOPミーツallグッド何か”を座右の銘に掲げ、“決してHIPHOPを薄めないエンターテイメント”と称されるライブパフォーマンスを武器に毎年多くのライブを行っている。

SLY MONGOOSE

伝説的なクラブジャズ・グループ「COOL SPOON 」を前身とし、2002 年に結成された ROCK・ FUNK・DUB・HOUSE・AFRICAN などあらゆるリズムミュージックを雑食的に取り入れたグルー ヴ狂インストバンド“SLY MONGOOSE”

伝説的なクラブジャズ・グループ「COOL SPOON 」を前身とし、2002 年に結成された ROCK・ FUNK・DUB・HOUSE・AFRICAN などあらゆるリズムミュージックを雑食的に取り入れたグルー ヴ狂インストバンド“SLY MONGOOSE”

岩崎太整

映画・ドラマ・CM・アーティストプロデュース等、様々な音楽を手掛ける作曲家。代表作に入江悠監督『サイタマノラッパー』シリーズ、大根仁監督作『モテキ』、スタジオジブリ「巨神兵東京に現わる」、映画「カノジョは嘘を愛しすぎている」、映画「ジョーカーゲーム」、アニメ「血界戦線」など。

『モテキ』で第35回日本アカデミー賞 優秀音楽賞授賞。

映画・ドラマ・CM・アーティストプロデュース等、様々な音楽を手掛ける作曲家。代表作に入江悠監督『サイタマノラッパー』シリーズ、大根仁監督作『モテキ』、スタジオジブリ「巨神兵東京に現わる」、映画「カノジョは嘘を愛しすぎている」、映画「ジョーカーゲーム」、アニメ「血界戦線」など。

『モテキ』で第35回日本アカデミー賞 優秀音楽賞授賞。

川辺ヒロシ

TOKYO No.1 SOUL SETの屋台骨を支えるトラックメイカー。

プロデュースワークとして、小泉今日子他多数。TV、映画音楽、CM楽曲など。

代表的なリミックス・ワークは勝手にしやがれ、ROSSO、ハルカリ、UA、フィッシュマンズ、藤原ヒロシ、TEI TOWAなど。

TOKYO No.1 SOUL SETの屋台骨を支えるトラックメイカー。

プロデュースワークとして、小泉今日子他多数。TV、映画音楽、CM楽曲など。

代表的なリミックス・ワークは勝手にしやがれ、ROSSO、ハルカリ、UA、フィッシュマンズ、藤原ヒロシ、TEI TOWAなど。

CMJK

1990年石野卓球、ピエール瀧と共に電気グルーヴとしてデビュー。

Cutemen~Confusion~Alex incとユニットを経て活躍し90年代初頭黎明期の、日本のクラブ/テクノ・シーンの礎を築いた。

自身のソロ・ユニットC.T.Scan名義では、デリック・メイ、カール・クレイグ、UR 等と共演。

伝説のFROGMAN RECORDS第1弾リリースとなった名曲“COLD SLEEP” は、
英国を始め欧州各地で話題となった。
1995年には、アニメ「マクロスプラス」では、劇中歌「Information High」の作曲を手がけ、話題となる。
現在は浜崎あゆみ、SMAP、木村カエラ、佐野元春、少年隊、PENICILLIN、V6、私立恵比寿中学、チームしゃちほこ、アンジュルム、
トミタ栞、KICK THE CAN CREW、ユースケ・サンタマリア、猿岩石、キャイ〜ン、篠原ともえ、、東京パフォーマンスドール、FLIP-FLAP、片瀬那奈、THC!!、CODE-Vなど多数のアーティストのサウンドプロデュースを手掛ける.
また、2016年10月にYOUTUBEで公開された、ファッションブランド「BEAMS」創業40周年を記念したプロジェクトとして、
40年間の東京のカルチャーを、ファションと音楽という2つの視点から振り返るMV『TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック(smooth rap)』のサウンドデザイン/編曲を担当し、この動画が、1000万回再生を記録し、話題となる。
さらに、自身のテクノポップユニット「Cutemen」の23年ぶりとなるオリジナルアルバムとベストアルバムを2016年11月にビクターよりリリースし、話題となっている。
※2017 57th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS、サウンドデザイン賞ゴールド・音楽ディレクター賞ゴールド受賞
受賞作品:BEAMS40周年プロジェクト「TOKYO CULTURE STORY」

1990年石野卓球、ピエール瀧と共に電気グルーヴとしてデビュー。

Cutemen~Confusion~Alex incとユニットを経て活躍し90年代初頭黎明期の、日本のクラブ/テクノ・シーンの礎を築いた。

自身のソロ・ユニットC.T.Scan名義では、デリック・メイ、カール・クレイグ、UR 等と共演。

伝説のFROGMAN RECORDS第1弾リリースとなった名曲“COLD SLEEP” は、
英国を始め欧州各地で話題となった。
1995年には、アニメ「マクロスプラス」では、劇中歌「Information High」の作曲を手がけ、話題となる。
現在は浜崎あゆみ、SMAP、木村カエラ、佐野元春、少年隊、PENICILLIN、V6、私立恵比寿中学、チームしゃちほこ、アンジュルム、
トミタ栞、KICK THE CAN CREW、ユースケ・サンタマリア、猿岩石、キャイ〜ン、篠原ともえ、、東京パフォーマンスドール、FLIP-FLAP、片瀬那奈、THC!!、CODE-Vなど多数のアーティストのサウンドプロデュースを手掛ける.
また、2016年10月にYOUTUBEで公開された、ファッションブランド「BEAMS」創業40周年を記念したプロジェクトとして、
40年間の東京のカルチャーを、ファションと音楽という2つの視点から振り返るMV『TOKYO CULTURE STORY 今夜はブギー・バック(smooth rap)』のサウンドデザイン/編曲を担当し、この動画が、1000万回再生を記録し、話題となる。
さらに、自身のテクノポップユニット「Cutemen」の23年ぶりとなるオリジナルアルバムとベストアルバムを2016年11月にビクターよりリリースし、話題となっている。
※2017 57th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS、サウンドデザイン賞ゴールド・音楽ディレクター賞ゴールド受賞
受賞作品:BEAMS40周年プロジェクト「TOKYO CULTURE STORY」